2016年03月23日

劇団108 修学旅行最後の夜

WIN_20160315_16_28_36_Pro (1).jpg

大橋通り商店街の喫茶メフィストフェレスの2階『メフィストシアター』での久し振りの演劇の御案内です。
高校生が自分たちで作り上げたフレッシュな公演です。
ぜひお見逃しなく!!


劇団108 --最初で最後の公演--
修学旅行最後の夜


日時 
2016年3月25日(金)
@13時開場/13時30分開演
A18時開場/18時30分開演
※各回定員40名を超す場合は次回へお回りください。

場所 メフィストシアター(喫茶メフィストフェレス2階@大橋通り西詰)
料金 一人300円


内容
卒業旅行にやってきた太一、裕也、隼人、健二の四人組。
修学旅行と同じ旅館の同じ部屋に泊まり思い出を語り合う。
それぞれの進路に進み、かつてより成長した四人。
思い返せば修学旅行の頃はもっとやりたい放題楽しんでいた。
そうして始まる笑いあり涙なしのハチャメチャコメディー。

劇団からのメッセージ
高校生活の締めくくりとなる卒業公演を行うために、3月、卒業生6人は「劇団108」を結成した。
「劇団108」は市内4つの高校演劇生(工業、土佐、小津、追手前)からなる、期間限定のグループである。
「別々の進路に向かっていく今、支えてきてくれた人達に自分達の集大成と言える演劇を見て欲しい」と、工業演劇部元部長が始め、団員を募り、それぞれ演劇に対して思いを持つメンバーが集まった。
上演のジャンルはコメディ。
三年間互いに競いあったライバルの6人が、今度は協力し、観客に直接的に笑いを届けるため、日々練習に努めている。


メフィストフェレス
高知市帯屋町2−5−23
(大橋通り商店街西詰)
8:00〜21:00
088−823−7871
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック